全裸の女たちとアウシュビッツ、文字たちの集団脱走

全裸の女たちとアウシュビッツ、文字たちの集団脱走/Synchronicity Synchronicity

全裸の女たちとアウシュビッツ、文字たちの集団脱走(書籍版冒頭)
ここにあるものはすべて本物だ。女たちが生身の本物であるように、そこに痛みがあればそれは本物の痛みであり、そこに哀しみがあれば本物の哀しみだ。似せて作られたものも、それらしく表現されたものも、想像で作られたものもない。だからこそ、そこには何かしらの力が宿る。それ故、命の取り扱いは粗雑であり、この〈世界〉に墓はない。